人気上昇中のXEMARKETSっていうFXとはそもそも?


FXの魅力は自分の努力によって稼げるようになるということ
 

かつてFXは、どんな初心者でも簡単に稼ぐことができるという振れ込みで多くの人が始めました。実際それは真実で、トレードを全くしない人でも黙っていても利益を獲得することができたのです。

それはスワップという仕組みによるものでした。

スワップとは何かというと、FXで運用する各国の通貨にはその国の金利が発生することになっていて、たとえば自国の金利よりも買った通貨の金利が高かった場合は、その差額が利益として毎日発生することになります。これがスワップです。

外貨預金でもスワップは発生しますが、FXのように毎日は発生しません。

基本的に日本は現在でも非常に低金利の金融政策をとっているために、ほとんどの国の通貨に対してこのスワップが発生することになり、これが「何もしなくても稼げる」理由になっています。

リーマンショックの前までは、このスワップが非常に有効で、そのためただその国の通貨を所持しているだけで一切のトレードを行うことなく、高い利益を得ることができていたのです。

しかしリーマンションを経て相場が大きく動くことで、何もせずにこのスワップだけで稼ぐということが難しくなりました。それは、激しい値動きがスワップで得られる利益を超えてしまったということに起因します。

しかし、それは逆に正しくトレードを学ぶことで利益が得られるようになるという、本来のトレードの姿を取り戻したことを意味しています。

FXはゼロサムゲームです。つまり、世界中のトレーダーたちが投資した金額を取り合うというゲームなのです。

つまり稼げなくなった人がいるということは、逆にその分稼いでいる人が出てきたことを意味しています。

そのため、基本的なトレードスキルを学ぶことによって、相場の良し悪しだけに左右されず、安定して稼ぎ続けることが可能なのです。

FXのメリットとしては株式と異なりファンダメンタルズ、つまり各国の政治状況をチェックする必要があまりないことが挙げられます。

これはトレーダーの考え方にもよりますが、発表されるニュースは既に相場に織り込まれていることがほとんどであるために、それを見てからトレードしても、既に時遅しとなってしまうためです。具体的な例としてwww.binaryoptionjp.comのブログを参考にできます。

FXトレーダーが勉強するべきポイントはチャートです。このチャートを使ったトレードはテクニカルと呼ばれますが、チャートの動きにはいくつもの普遍性が見られるため、それを学び実践することで「運」によるものではない確かな「実力」で稼ぐことができるようになるのです。テクニカルチャートの使い方等、MT4を含む取引ツールについてサポートしている業者は、XEMarketsの他にもあります。


現在、日本の女性の就業率は7割を超え、また、子供をもつ女性の就業率も5割を超えていると言われています。

女性が働くということがもはや当然のようになっている今、「専業主婦」は少数派になりつつあります。同時に「兼業主婦」という言葉もほとんど聞かなくなったように思います。

「兼業主婦」というのは、働いて何らかの収入を得ている主婦というのが、その言葉の定義のようなのですが、ひと口に兼業主婦といっても、家事の合間や育児の合間を利用して、パートやアルバイトで働く人、自宅でできる仕事をする人、正社員、あるいは派遣社員としてフルタイムで働く人など、働き方は様々です。働く目的も、必ずしも収入だけではなく、仕事が好き、仕事にやりがいがある、と感じている女性たちも大勢います。

「兼業主婦」はもともと、1970年代の高度成長期に、労働力を増やすため、主婦が働きやすいようパートタイマーという働き方が広まった時期に生まれた言葉でした。当時は、外で働き始めた女性には何かしらの尊敬の念があったのではないかと思います。今の日本社会では、結婚したからといって職場を去る女性(専業主婦になる女性)は少なく、結婚しただけなら仕事を続けるのは当然だし、また、子供ができても働く女性は「ワーキング・マザー」と呼ばれるようになりました。そのせいか、兼業主婦という言葉を聞くと、どことなく時代がかっていて、自然と、パートで働いている主婦という姿を思い浮かべてしまいます。

そもそも、働いても働かなくても、既婚女性は主婦と呼ばれるわけで、「専業主婦」「兼業主婦」という言葉には、女性は主婦業優先、家事をするのは女性という感覚が根強くあった社会背景を感じます。時代が移り、女性の社会進出が著しいと言われても、その感覚はまだまだ残っています。50年近く前に始まった「専業主婦が、パートタイムで働くことで兼業主婦になる」という働き方はいまだに多い。あくまでも家事優先。家事はともかく、一部では、子供をもった女性がフルタイムで働くのはワガママだ、という声すらあるようです。

日本社会における男女格差は大きく、女性の社会進出度は、欧米の先進国はもちろん、アジアの新興国と比べても低く、世界でも最低レベルだとニュースなどで話題になっていますが、女性の地位云々という以前に、日本では女性に様々な役割を求めすぎるのでは?
兼業主婦という言葉の存在は、そんな女性が生きにくい社会の象徴でもあるように感じます。