XEマーケット取引環境を詳しく


XEマーケットでFXトレードをする魅力の一つは、最大888倍まで設定できる高倍率のレバレッジと、米ドル/円を始めとする主要通貨ペアで1ピップからの狭いスプレッドにあります。

FX初心者から、ハイスペックな取引環境を望んでいるデイトレーダー、スキャルピング狙いのベテラントレーダーまで、すべて人におすすめできる海外FX業者が、XEマーケットです。

このブランドは昨今大きな反響をもって日本のトレーダーに受け入れられています。

人気の取引プラットフォームであるメタトレーダー4にマルチアカウント・マネージャーソフトの組み合わせで、スマートフォンなどのモバイル環境で使うアカウントも一括で管理できます。
MT4の使用はもちろん無料で、システムトレードも簡単に始めることができます。

XEマーケットは、初回預託金と取引単位に応じて、3つの口座タイプを用意しています。

主に個人投資家で高レバレッジで小さな取引を行いたい人向けの「マイクロ口座」、もう少し大きな金額での取引を行いたい人向けの「スタンダード口座」、そしてより大きな単位の取引を行いたい人向けの「エグゼクティブ口座」の3つです。

基本通貨は、米ドル、ユーロ、英ポンド、日本円、スイスフラン、豪ドルに対応しているのはすべての口座で共通です。

マイクロ口座での取引単位は、1,000通貨です。そして初回預託金が5ドル~20,000ドルの場合は最大で888倍までのレバレッジとなり、初回預託金が20,001ドル~100,000ドルでは最大で200倍までレバレッジになります。スプレッドは、すべての主要通貨ペアで1ピップからの狭いスプレッドが提供されています。またマイクロ口座では、チケット毎のロット制限が100ロットになります。

スタンダード口座の場合でも、初回預託金とレバレッジの範囲と組み合わせは、マイクロ口座と変わりません。しかし釣り引き単位が10,000単位になります。スプレッドの設定もマイクロ口座と変わりませんが、チケット毎のロット制限が50ロットになります。

エグゼクティブ口座では、初回預託金が10,000ドル以上からになります。取引通貨単位は100,000単位、レバレッジは100倍までで、チケット毎のロット制限は50ロットです。